要らなくなった洋服を売るのが面倒なら捨てましょう

はてなブックマーク

スポンサーリンク

最近続けて断捨離関連の記事を載せましたが、今回もその続きです。

いつの間にか溜め込んでしまった服の中から処分する分をやっと選別しても、そこからまた一苦労ですよね。どうせなら少しでもお金に換えたいと買い取り業者やフリマアプリを利用する方が多いと思いますが、それをめんどくさいと思う人はそのままゴミとして捨てましょう!

洋服を増やさない方法

2019-04-06

洋服の断捨離のコツはルールの設定とその厳守

2019-03-31

要らない服を選別するだけで精一杯

面倒くさがりな性格な人が長年にわたってズルズルと溜め込んでしまった洋服をやっとの思いで選別したのに、その後に更に引き取ってもらったり、売りに出したりするための手間が待っていると思ったらウンザリしますよね。

要る服と要らない服に分けた時点で気力も体力も尽きてしまい、もうあとは知らんという気持ちになるでしょう。

そもそもその手間があることが断捨離に手が付かない理由になる可能性もあります。リサイクルや買取りのことで二の足を踏んでいるようだと、ずるずるとそのままの状態が続いてしまい何も進まないなんてことも。

不要になった服が誰かの役に立って着てもらうことは有意義ですが、それが足かせになって服を整理できないなら本末転倒です。再利用してもらうことを無理やり考えなくてもかまいません。

スポンサーリンク

服のリサイクルについてマイナス点を考えるとゴミだと思える

1年くらいならまだしも何年も着た服はヨレヨレで見た目もとても人様に譲れるようなシロモノではないことが多くないですか。普段から几帳面に管理しているならともかく、特に高価な服でなくても丁寧にしまっているでしょうか。もちろん人それぞれであり決めつけるわけではないですが。

私がいい歳した男性だからというのもありますが、自分の服に需要があるとは到底思えません。それはオマエだからだろという意見に反論はまったくありませんが、自分なら欲しいかと問われればイランと答えます。

ぼくはフリマアプリを利用したことがないので偏った意見になりますが、敢えてフリマアプリのデメリットを考えてみます。

デメリット
・無理な値段交渉
・クレーム
・急なキャンセル
・発送の手間
・売れるかどうかわからないという不安

ここに挙げた以外にもデメリットはあると思いますし、実際には心配するほどのことではないのかもしれません。ですがもし上記のようなトラブルが起きたときは、精神的にも時間的にも労力を奪われます。慣れていなければなおさらでしょう。要らなくなった服を処分したいだけだったのに余計なトラブルを抱えるリスクを避けましょう。

確かにリサイクルは良いことであり、モノを大切にする風潮、習慣が浸透することは社会の進歩とも言えます。また最近はフリマアプリのコマーシャルもよく流れていますが、リサイクルしないといけないという規則はありません。

余計なゴミを出さないことは大切だが

余計なゴミを出さないことは今の社会で推奨されるモラルでもあり、正義であるかのような風潮ですが服をそのままゴミとして出すことに罪悪感を感じる必要はありません。それよりも日常の生活で日々出すゴミの量を減らす方法を考えたほうが良いです。大量に服を処分するのなら特に思い切りが大切です。

オークションサイトや買取り、リサイクルに回す手間を掛けることを重荷に感じる人は今すぐ45~60リットルのゴミ袋を買いましょう。それに要らなくなった洋服を入れてゴミの日に出すだけです。簡単です。電話やメールでの問い合わせ、サイトを検索して登録するなど面倒あことはありません。

少しでもお金になったら得という考えが断捨離関連の記事には必ずといっていいほど出てきますよね。「お金」というキーワードは気になるものですが、最優先事項はお金に換えることではなく、要らなくなった服を処分することだと自分に言い聞かせましょう。

次のステップは以下の記事で!

銀蔵

断捨離に慣れたらブランド物は銀蔵で高く買い取ってもらおう

2021-02-23

はてなブックマーク

スポンサーリンク