スリッパを清潔に保つ・足元は意外と汚れている

スリッパはキレイに
スポンサーリンク

家の中でスリッパを履くメリットは足を汚さない、清潔に保つことです。その分スリッパは足の皮脂や脂分、床のホコリなどが付着し意外と汚れています。

そんなスリッパをまったく洗わない人もいるかと思いますが、絶対に洗った方が良いと言い切れます。汚れているスリッパを履いていると足は一層不潔になります。

スリッパを洗うのはそんなに難しいことではありませんが、めんどくさいと思っている人にオススメの洗い方をご紹介します。とても簡単です。

スリッパを洗った方が良い理由

綺麗で清潔そうに見えてもスリッパは汚いものです。そんな汚いままのスリッパを履き続けると床が傷む原因になりますし、当然足にもよくありません。

バスマットやトイレマットなどは頻繁に洗ってもスリッパを洗うことを意識している人はあまりいないのでは。毎日使うものですが、気が付いたら結構汚れが目立ってきたりしているものです。

スリッパを嗅いでみてクサイ臭いがしていたらかなりヤバい状態です。相当雑菌が繁殖している状態と思って間違いありません。

スポンサーリンク

スリッパの簡単な洗い方

スリッパの洗い方としては歯ブラシでこすったり、布で拭き取ったりしと手洗いした後に重曹に漬け置くなんて方法があり確かに効果もあります。

そんなことは面倒くさい人は洗濯機で洗う。できればその前にオキシクリーンに漬ける。この方法が簡単です。

・オキシクリーンに漬ける
・洗濯機で洗う

ですがその前に注意点があります。洗濯タグで洗えるタイプのスリッパかどうかを確認します。

注意
スリッパの種類によってはボール紙を使用しているタイプもあり、水洗いができない場合があります。必ず洗濯タグを確認してください。

オキシクリーンに漬ける

スリッパがすっぽり入る容量のバケツや桶に約60℃のお湯を張ります。2リットルのお湯に対しオキシクリーンを大さじ1くらいの割合で。溶け残りがないよう十分にかき回してください。

そこにスリッパを数時間浸します。夜寝る前に行うといいかもしれません。その後洗濯機で洗います。

用意するもの
・オキシクリーン
・バケツや桶などスリッパを漬けられる容器、バスタブでも可
・60℃くらいのお湯

オキシクリーンに漬けるのは気が向いたときだけで、毎回やらなくてもよいです。時間がかかりますし、その都度やるのは面倒ですし。

スリッパを洗う頻度は冬は月に1~2回、夏は毎週が目安と言われていますが、その度にオキシ漬けなんてやってられません。潔癖症でなければそこまで神経質にならなくても良いと思います。

強力!オキシクリーンマックスフォースで油染みが落ちた

2019-03-14

洗濯機で洗う

目に見えるゴミがスリッパに付着していたら洗濯機で洗う前に軽く取り除きましょう。

一人暮らしでスリッパを1足だけ洗うのは効率的ではありません。バスマットやキッチンマット、トイレマットなどとまとめて一緒に洗うと日常の雑務が少しだけ楽になります。

洗剤は特別なものでなく普段衣類を洗っているときに使用している洗剤で大丈夫です。スリッパは洗濯ネットに入れてください。

ポイント
洗濯ネットに入れよう!

洗濯機のモードは手洗いなどソフトなコースを選択します。洗い終わったときにスリッパの形が崩れていたら整えて、風通しの良い場所に陰干しします。早く乾かそうと日光に直接当てるのはお勧めしません。

またドライヤーで乾かすのもスリッパが傷んでしまう可能性があるのでできればやめた方が良いです。特にファーが付いているタイプはチリチリになってしまいます。

スリッパは普段から清潔に保つことがポイント

別にスリッパに限りませんがなるべく普段からキレイにしておくことで、気が付いたら手遅れになっているなんてことは避けられます。

かといって上記のようにオキシクリーンに漬けたり、洗濯機で洗う頻度が多いとスリッパそのものの痛みが進んでしまいます。なのでスリッパをなるべく長く使いたいならば普段からのちょっとしたお手入れがポイントです。

といってもスリッパの手入れをこまめに行うのは億劫ですし、そんなことはなかなか習慣にできないですよね。

ですが他のことのついでにしておくことで、さほど精神的苦痛にはなりません。

普段からできるスリッパのお手入れとしては、除菌消臭スプレー防水スプレーなどがあります。そうすることで汚れにくくなり、スリッパそのものが長持ちします。

特にキッチンで料理をしているときは油が跳ねたりして、結構スリッパが汚れてしまうので防水スプレーは有効な方法です。

具体的にはカーペットやマットにファブリーズリセッシュなど除菌消臭スプレーをする際についでにスリッパにも吹きかける。玄関で靴に防水スプレーを吹きかける時にそばにスリッパがあったらついでにそれにも、といった具合です。

スポンサーリンク

なるべく清潔なスリッパを使いたいなら抗菌タイプを

ホテルや医療機関でよく使われている抗菌スリッパですが、あくまでも殺菌ではなく抗菌なので菌の増殖を抑えるものと認識しましょう。

ですがニオイの元となる菌を抑えるので通常のスリッパに比べて防臭効果は高いといえます。

また抗菌効果を持続させるためにはスプレーや水拭きなどのお手入れが必要です。放っておいてもキレイなままというわけにはいきません。清潔さを求めるならば、それなりの手間暇は当然ながらかかります。

基本的に抗菌スリッパはつるつるした仕様で事務的なデザイン、良く言えばシンプルなものがほとんどです。素材は皮製やビニール製が一般的です。

値段は抗菌仕様だからといって特に高価というわけでなく、通常タイプと遜色ありません。

抗菌スリッパの特徴
・菌を殺すのではなく抑える効果
・防臭効果は高い
・お手入れは必要
・シンプルなデザイン
・値段は通常タイプと同程度

中には使い捨ての抗菌スリッパもあります。

まとめ

スリッパは足を清潔に保ってくれますが、とても汚れやすくもあります。普段から除菌消臭スプレーや防水スプレーをかけ、汚れが目立ってきたらネットに入れて洗濯機で洗いましょう。

スリッパを履いたほうが良い理由は下記の記事にまとめました。

洗えるスリッパおすすめ10選 簡単にお手入れできるタイプ

2020-05-27

スリッパを履くメリット

2020-05-11

スポンサーリンク