財布を入れるのはカバンかポケットか

スポンサーリンク


キャッシュレス化が推奨されている昨今ですが、実際にはまだまだ現金を持ち歩く必要はありそうです。海外ではほぼ完全にキャッシュレス社会に移行した国もありますが、日本はお国柄もあるのでしょうか時間がかかりそうですね。

またある調査によると、意外と若年層でもキャッシュレスに対して抵抗感を持つ人々がまだ一定の割合でいるそうです。

最近では財布を持ち歩かないことがスマートという考えもあるようですが、現金を持ち歩く限りまだまだ財布の出番はなくなりません。

財布をどこに入れて持ち歩くか

そこで普段財布をどこに入れるのがよいのかを考えました。大きく分けてカバンやポーチに入れるか上着やパンツのポケットに入れるかになると思います。中には手に直接持つという人もいるかもしせませんが、近所のコンビニに買い物に行く時くらいならまだしも、外出中ずっとというのはあまり現実的ではないのでここでは除外します。

財布を入れる場所
カバンやポーチ
上着やパンツのポケット

それぞれにメリット、デメリットがありどちらが良いとは言い切れません。

カバンやポーチに入れる

女性はカバンやポーチに入れる人の割合が多いのではないでしょうか。また長財布を持つ人もこちらが多いかと思います。

メリット
長財布でも収納できる
財布が傷まない
財布が膨らんでも大丈夫
服のシルエットに影響がない
身軽になる
デメリット
財布を取り出すのに時間がかかる
カバンやポーチに入れるときに落とす可能性がある
身体に密着していない不安感
手ぶらになれない

当たり前のことですが、基本的に外出時は財布を収納できるカバンやポーチなどを必ず持つことが前提になります。男性は休日の外出では手ぶらという人も多いと思いますが、その場合はあまり向いていないですね。

カバンなどに入れてっぱなしというのも、なんだかリスキーな感じがします。

財布が傷んだり変形させるなんてもってのほか、という考えの人はポケットに入れるのに抵抗感があると思います。

またスーツはなるべくシワになったり、シルエットを崩さないのが基本ですので、パンパンに厚みの出た財布を上着やパンツのポケットに入れることは避けたほうが良いでしょう。

上着やパンツのポケットに入れる

財布をパンツの尻ポケットに入れるのは、やめたほうがいいといった主張の記事をネットなどでよく見かけます。少し考えただけでもカバンに入れるよりポケットに入れた場合のほうがデメリットは多そうです。

メリット
財布が身体に密着しているので安心感がある
会計などの時にすぐに財布が取り出しやすい
手ぶらでもOK
デメリット
財布が傷む
カード類が割れる
財布をスラれる危険がある
服が傷む
服のシルエットが崩れる
骨盤が歪む

特に尻ポケットに入れている場合に当てはまりますが、メリットとしてまず何より常に身体に密着しているので安心感が挙げられます。また会計などの際に財布を取り出すのに時間がかかりません。

デメリットについてはそれぞれ深刻な内容です。まずはスラれるリスクが高いこと。特に長財布は危険です。スリや落下防止にチェーンをつけている人もたまに見かけますが、その効果とは裏腹に女性にはウケが良くないようです。

次に財布が傷むことです。ポケットにいれたまま座ったりすると当然変形しますし、クレジットカードなどは割れるリスクがあります。更にジーンズの尻ポケットに入れているとポケット部分の布地が破れてきます。カード類が割れてしまうことについてはこちらで記事にしています。

服のシルエットを保つためには余計なカードなどは入れず、財布になるべく厚みを持たせないようにする必要があります。abrAsusは薄いことを追求した財布です。

カードをなるべく入れない記事はコチラ

更に健康被害として財布を尻ポケットにいれたまま座ると、骨盤がずれて腰痛を引き起こす原因となります。これを予防するには長時間座る際には財布を取り出しておく必要があります。

スポンサーリンク

まとめ

こうしてみるとカバンに入れるかポケットに入れるかを比べた時、ほとんどメリット、デメリットがそれぞれ表裏の関係になっていますね。結局はどちらが良いとは言い切れないと思いますが、一般的な意見としてはカバンに入れるほうがやや優勢な気もします。

ちなみにぼくは尻ポケットに入れる派です。仕事のときもスーツではなく私服ですし、オンオフともに一年中ほとんどジーンズで過ごしていますので、右の後ろポケットはだんだん破れてきます。ですがもともとジーンズは消耗品と考えているのであまり気になりません。

また財布も擦れたり変形していますが、いい加減な性格なのでそういうものだと思っています。それより財布が身体に密着していることの安心感を最優先させています。

財布に入れたカードの割れ防止対策

2019-05-28

スポンサーリンク