低温で安心 リバウルのドライヤーで薄毛予防

リバウルドライヤー
スポンサーリンク

多くの人はお風呂やシャワーの後には髪の毛を乾かすのにドライヤーを使いますよね。

ドライヤーを使わず自然乾燥の人もいますが、あまりおすすめできません。できればドライヤーを使って乾かした方がいろんな面でメリットがあります。特に薄毛を予防するならドライヤーを上手に使うべきです。

ですが当然ドライヤーを使うことのデメリットもあります。そんなデメリットを解消してくれるのがRibivaul(リバウル)のドライヤーです。

髪は自然乾燥よりもドライヤーで乾かす方が良い

ドライヤーの熱は髪の毛を痛めるといわれ、確かにそのとおりなのですが、自然乾燥よりドライヤーでを使ったほうがメリットが多いですよ。

自然乾燥のメリットは熱によるダメージがないのと電気代が発生しないことくらいです。熱によるダメージは気になるところですが、ドライヤーの使い方で回避できますし、それ以上の恩恵を受けることができます。

ハゲや薄毛を予防できるかもしれない簡単な3つのこと

2020-06-20

ドライヤーを使うメリット

ドライヤーの熱で頭皮を乾かし、雑菌の繁殖を抑えます。自然乾燥だと頭皮が長時間濡れた状態になり、ニオイが発生したりフケの原因になります。

濡れた状態というのは頭皮の血行が悪くなり抜け毛が増え、将来的に薄毛の原因にもなりますので、特に男性にとっては聞き捨てなりません。

また髪の毛が濡れているとキューティクルが開いているので傷みやすい状態といえます。なのでドライヤーで素早く髪を乾かしてキューティクルを正常な状態に戻します。

メリット
・雑菌の繁殖を抑える
・血行を良くし抜け毛を減らす
・キューティクルを正常な状態に戻す

ドライヤーを使うデメリット

もちろんデメリットもあります。髪や頭皮に近づけすぎると熱によるダメージを受けます。

長時間熱風を当てると髪の水分を必要以上に奪いパサパサになってしまいます。頭皮にダメージを与えるとやはり抜け毛が増加します。

ドライヤーを使う際は髪や頭皮に近づけすぎず、また一点に当て続けないよう振るようにして、なるべく短時間で済ませるようにしましょう。

更に予めタオルで髪の毛の水分を拭き取ってからドライヤーで乾かすのがポイントです。水分を多く含んだ状態で熱風を髪を乾かすと、キューティクルに悪影響を与え髪の毛が硬くなります。

注意
タオルで髪の水分をある程度拭き取ってからドライヤーで乾かすこと!
髪の毛はドライヤーで乾かす

薄毛対策にドライヤー 自然乾燥は良くないです

2021-09-19
スポンサーリンク

リバウルドライヤーの仕様

5000円前後で購入できるドライヤーとしてはなかなかスマートで高級感のあるデザインです。

リバウルドライヤー全体

スイッチは上から強風、弱風、冷風、オフ。

リバウルドライヤースイッチ

反対側にはクールショットボタンがあり、簡単に冷風に切り換えることができます。冷風はこのボタンがあるだけでいいような気がしますが。

リバウルドライヤークールショットボタン

付属品はノズルが2つとディフューザー。私にディフューザーは不要ですが。パーマをかけている人には便利です。

リバウルドライヤー

リバウルのドライヤーの特徴とレビュー

リバウルのドライヤーの最大の特徴は最大57℃で頭皮にダメージを与えない温度設定。温度が低いのでなかなか乾かない心配もありますが、なかなかパワーがあるので意外と早く髪が乾きます。

更にミネラルマイナスイオンで髪に潤いを与え、遠赤外線効果により髪の毛を内側から乾かしていくとのことですが、はっきりいって実感できるのかと言われればそうなのかなといった感じです。

リバウルのドライヤーの特徴は低温乾燥による髪と頭皮のダメージ予防に特化しているといえそうです。髪と頭皮にやさしいドライヤーです。

女性はもちろんですが、男性にも将来の薄毛予防に関心のある人向けの製品です。

リバウルドライヤーの特徴
ハイパワーで風量があり髪が早く乾き、低温なので頭皮と髪の毛に優しくダメージ予防

リバウルドライヤーのマイナス面としては決して軽いとはいえない重量。折りたためるようなタイプの軽いドライヤーと比べてしまうと、どうしても重さが気になります。ですが腕が疲れるほどではありません。

Amazonのレビューにも重たいという意見が散見されました。

それと切り換えスイッチの凹凸がもう少しあると操作しやすいと思います。

リバウルドライヤー切り換えスイッチ

あとAmazonには低騒音とありましたが、結構音がうるさいです。ハイパワーなのである程度は仕方がないと割り切っています。

購入してから気づいたのですが、折りたたむことができないのでドライヤースタンドを使用しています。

スポンサーリンク

まとめ

重さや音の大きさなどデメリットもありますが、髪と頭皮へのダメージを最小限に抑えるメリットは計り知れません。

薄毛予防を考えたら、手頃な価格で高性能のリバウルドライヤーは正しい選択肢と言えます。

すでに薄毛で悩んでいるならスヴェンソン式増毛法がおすすめです。スヴェンソンといえばウィッグやエクステ、カット、コーティングなどで知られていますが、店舗に行くことに抵抗のある人にはオンラインショップでスカルプケア商品も用意されています。

男性だからとか、短髪だからという理由でドライヤーを使わなくてもいいという考えは間違いです。正しい髪の毛の乾かし方で頭皮を清潔に保ちましょう。

スポンサーリンク