便座の上げ下げはどっちが正解か

スポンサーリンク

男女の習慣の違いでモメることも多い、便座の上げ下げ問題。家庭はともかく公共施設や店舗ではたいていトイレは男女別になっていますが、一部の飲食店などではまだ共用というところも見かけます。

外出先だけではなく、同居している男女の間でも便座の上げ下げは争いの種になっています。男性は便座を上げたままにしているケースが多いですよね。

男女それぞれ言い分があると思いますが、はたしてトイレの便座は上げたままにしておいた方が良いのでしょうか、それとも下げてしかるべきなのでしょうか?

私は男なので男性目線でこの問題に対して取るべき態度と認識を考えていきたいと思います。どちらが正しいかはそれぞれの言い分がありますが、少なくとも男性は女性の気持ちをなるべく察する努力が必要です。

便座の上げっぱなしは男性が思っている以上に女性にとってはストレス

女性から見て男性の嫌なところ、許せないところのひとつが便座を上げたままにしておくことです。多くの女性は便座を下げるのはもちろん、蓋も閉めている人が多いと思います。

男性は使用後も上げたままにしておくことに疑問を感じませんが、女性にとってはウンザリするどころか、人によってはかなりアタマにくるらしいのです。

そしてほとんどの男性は女性が便座を上げたままにしている状態に対して怒っていても気付いていません。私も先ほど「アタマにくることらしい」などと思わず記載してしまいました。

女性にとって男女共用のトイレを使うことには、かなりの抵抗感があります。特に他人が使った後の便座を手で触って下げることのストレスは男性が想像している以上だと思います。便座をあげたままの状態は女性から自己中な行いと見られています。

そもそもトイレを使う際に女性は便座を上げないので、上がった状態に違和感や抵抗感を持ってしまいます。更に便座はいつも下がっているという認識でいるので、上がっていることに気付かずにそのまま座ってしまったというエピソードもよく聞きます。

女性にとっては男性は基本的に汚い人たちという認識でいます。更に知らない男性の場合、なにかにつけて気持ち悪いという感情を持って見られます。キレイごとは抜きにして、男性はそのように思われていると考えておいたほうがいいです。但しイケメンは除きます。

スポンサーリンク

フェミニストではなくてもまずは女性の話を聞くこと

男性は女性が何故そんなに便座のことで怒っているのかいまひとつピンと来ないので、女性から注意された時に曖昧な態度でいると余計に怒らせてしまいます。

はっきりいって男性にとってはそんなことでいちいち文句を言うなと思ってしまいがちですが、それが態度に出てしまうと当然火に油を注ぐ結果になります。

そのような場面に出くわしたら、とりあえず女性の話を聞いて理解を示す態度をとりましょう。納得するのも反論するのも、まず女性の話を聞くことからスタートです。そして話を聞くという態度はこのようなケースに限らず、男性が女性に接するときには基本中の基本となります。

でないと以降の話がまとまらないどころか、感情的になってしまう可能性があります。性別にかかわらず片方が感情的になってしまうと、もう片方も冷静でいるのは難しく、互いに相手を負かそうという感情が勝ってしまいます。そうなるとお互いが納得できる妥協点を見出すことは困難となります。

まずはじめに
話を聞いて理解を示す態度をとる

男性側から見たら便座は上げておいたほうが効率的

男性側からすると便座を下げて元に戻さないのはわざとの人もいると思いますが、結構無意識にやっている場合が多いと思います。

あえて女性を怒らせようとそのままにしているわけではないのですが、そこが女性から見たら男性は次の人のことを考えていない、デリカシーがないと写ってしまうのでしょう。

最近は座ってする人も多くなったようですが、基本的に男性は小の場合は便座を上げてします。たまに便座を下げたまま立って小をする大バカ者もいますが、ここでは問題外とします。なのでいちいち小のたびに便座を上げるのは余計な動作と考えるので、上げたままにしておいた方が効率的なのです。

従って男性側の一方的な意見を言うと、女性が男性に対して便座を下げろと言うのなら、終わったら便座を上げておけということになります。

男性は上げた状態が前提なのに対して女性は下げてあることが前提なので、この論点からだと意見は真っ向から対立してしまいますね。

スポンサーリンク

衛生的には便座どころか蓋も閉めるべき

女性から便座を手で触って下げるのが気持ち悪いという意見があります。

また使用前にトイレットペーパーや便座シートがあるといっても、飛び散ったかもしれない便座を触ることに抵抗感を持つことは想像に難くありません。

衛生的な観点でいえば便座だけではなく、蓋も閉めたほうが水を流したときに細菌が飛び散らないというメリットがあります。蓋を閉めずに水を流すと細菌が床や壁にばら撒かれるだけでなく、衣服にも付着してしまう可能性も。

便座の上げ下げ便利グッズ

便座に触れるためのグッズを外出の際に持ち歩くのは現実的ではありませんが、家庭で使うならおすすめといえる商品をご紹介します。但しこれらのグッズを使うことは男性の理解を得られなかったことになりますが。

■サンコーN便座取っ手
便座の裏に取り付けて使用します。取り付けは簡単で、これを使用すると便座の上げ下げが静かに行うようになります。

■fumemo 取っ手ハンドル
小さなお子さん用に動物柄の取っ手です。

■便座ハンドル 取っ手 緑葉っぱデザイン
リーフデザインは便座の取っ手では良く見られるタイプです。

まとめ

便座の上げ下げについては男女それぞれに言い分がありますが、結論としては下げておくべきだと思います。

まず女性が男女共用のトイレを使用することは、男性が思っている以上に抵抗があるのを理解する必要があります。そしてどちらが効率的かなどという損得で判断するのではなく、女性に対しての思いやりやマナーと捉えるべきでしょう。

多くのことは完全に男女平等とはいきませんし、この問題についは男性側が譲歩すべきです。

トイレの蓋には意味がある!

2020-01-17

スポンサーリンク