テレワークは太るので少しでもカロリー消費するための対策

スポンサーリンク

在宅勤務・テレワークが普及するにつれ体重の増加に悩む人が増えています。いわゆるテレワーク太りです。

人によっては下手すると1日中自宅にいて一歩も外へ出ないなんて日もありそうです。

テレワークで太らないためには普段の生活の中でカラダを使う意識を持つ必要があります。そしてそれを面倒くさがらず、習慣にしていくこと。

通勤は意外とカロリーを消費している

コロナが収まった後も働き方のスタイルは以前とは違うモノになっていくでしょう。もちろん仕事内容にもよりますが、毎日職場へ通勤することが必ずしも当然ではなくなりそうです。

営業で外回りをしていた人はもちろんですが、内勤の人でも体を動かすことが少なくなり運動不足になりがちです。

こちらで計算するとわかるのですが、自宅から職場までの通勤はそれなりに日常の運動としての役割を果たしていました。

上のリンク先の計算によると体重70㎏の人が30分電車に座らず立って乗り、自宅と職場から駅までそれぞれ歩いて10分の距離があるとすると、片道で140kcalの消費となります。体重50㎏の人だと同じ通勤条件で100Kcalです。

体重 70㎏ 50kg
電車に立って乗車 30分 30分
歩き 20分 20分
消費カロリー 140kcal 100kcal

70㎏の人は往復で280kcal、50㎏の人だと200kcal。これは同じ体重の人が約25分ほどジョギングして消費するカロリーとほぼ一緒です。

少なくとも通勤で消費していたカロリーを代わりに日常の生活の中で消費する必要があります。でないと食べる量が一緒だと必ず太ります。

太る
通勤分のカロリー消費はバカにできない!

小さいことも積み重ねですね。

スポンサーリンク

少しでも運動不足を解消するための対策

テレワークではどうしても座りっぱなしになりがちです。なので便利になった日常生活をもう一度振り返って、敢えて体を使うことを厭わないようにすること。別の言い方をするなら家事を丁寧にやることです。

当然ながら面倒くさいことほどカロリーを消費します。

お掃除ロボットに任せっきりにしない

床掃除はルンバなどのお掃除ロボットに任せていたなら、掃除機やフローリングモップで床のホコリを掃除する。いままでより1日10分でも余計に掃除を毎日するようになれば、テレワークは家中をキレイにする良い機会になります。

カンタンに落ちる!茂木和哉なまはげでレンジフードの掃除は楽チン

2019-06-01

強力!オキシクリーンマックスフォースで油染みが落ちた

2019-03-14

洗濯物は外に干す

洗濯物を乾燥機で乾かさずに、外で天日干しにする。洗濯物が多ければ多いほど重労働です。洗濯機からベランダなど干す場所まで洗濯物を持っていき、一枚ずつ干して、乾いたら取り込む。なかなか億劫ですね。

デリバリーを使わない

外出が自粛ムードになり世の中は以前よりデリバリーの活用が盛んになりました。確かに感染のリスクを下げる手段としては有効です。ですが自炊することでもカロリーは消費されます。ティファールなど重い調理器具を使う、ダイエットサンダルを履くなど工夫することもできます。

自転車を使わない

買い物など近所への用事は歩いていける距離なら自転車を使わずに歩く。但し炎天下を長い間歩くと危険なので注意が必要です。無理をしてはいけません。

他にも、今までより長めに子ども遊ぶ、犬の散歩をする。子どもや犬に喜んでもらえそうです。

これらははっきり言ってそれぞれ微々たるものですが、動かない生活に陥らないための心掛けです。

上記のことを実践していても家にいるからといって間食が増えたり、食事内容に気を使わなければ確実に体重は増えます。

いきなり運動を始めても多くの人は続かない

太らないためには運動はした方が良いに決まってます。ですが運動を始めたとしても続けるには努力が必要です。

運動がツラく感じた時、満員電車で行きたくない会社に行くよりマシと考えたら続けられる人もいるかもしれませんね。

テレワーク中の運動不足対策としてはウォーキング、散歩、筋トレ、ストレッチ、ヨガなどがあります。

グッズを購入してちょっとしたスキマ時間に自宅で筋トレするのも効果的です。

自宅で筋トレ

テレワークを捗らせたいなら自宅で筋トレ 便利グッズも紹介

2020-06-07

筋トレグッズを購入することに抵抗感がある人はレンタルという手もあります。DMMいろいろレンタルではフィットネス用品をレンタルすることができます。自分に合ったグッズを色々試すこともありです。

テレワークはジョギングやウォーキングを始めるきっかけになりやすいですが継続できる人は稀です。

新たに始めた運動を続けられるならば、それに越したことはありません。

運動不足になると集中力も続かず、仕事にも支障が出てしまいます。太ることだけでなく、仕事のパフォーマンスを落とさないためにも体を動かすことは重要です。

運動することが難しいのなら、せめて上にあげたように日常生活において体を動かすことを億劫に思わないことです。

スポンサーリンク

まとめ

太ってしまったからといって痩せるための最悪な方法は摂取カロリーを減らそうと自己流で極端に食べる量を減らすことです。確実に不健康になりますし、中年以上の人は下手したら命に関わります。

カラダを動かすことを嫌がっては絶対ダメですね。運動が無理ならせめて家事は体を使うのを心掛けるべきです。

体を使った家事をしただけではおそらく痩せませんが、まったく動かない生活を続けていると、自分では思ってもみなかった事態に見舞われること請け合いです。

スポンサーリンク