ハロウィンの仮装 メイクや着替える場所はどうする?

スポンサーリンク


すっかり日本でも定着した感のあるハロウィン。ただし本場のものとはだいぶ様子が違うようですが。

ほとんどの日本人も本場のハロウィンがどういうものか正確には知らないまでも、違うだろうということは了承済みで、日本独自の形態を作りつつ毎年のように盛り上がってますね。はっきり言ってバレンタインなど同じく業界の商業的戦略にうまく乗せられた感は否めません。ですが個人的にはみんなが楽しめれば良いのではと思っています。

※この記事は2019年の情報です。

ハロウィンとは

そもそもハロウィンとはスコットランドやアイルランドにいたケルト人の行事で、収穫祭や悪魔祓いのお祭りでした。それがアメリカに渡り広まっていきました。仮装した子どもたちが「トリック・オア・トリート」と言いながら食べ物やお菓子をもらいます。

日本でもメジャーになる前からカボチャをくり抜いたジャック・オー・ランタンの存在は名前は知らなくても、テレビなどで見たことがある人は多いかと思います。因みにもともとはカボチャではなくカブを使っていたそうです。

日本では70年代にキデイランドがハロウィングッズの販売を始めましたが、本格的に普及したのは90年代後半に東京ディズニーランドがハロウィンイベントを行ってからといわれます。

スポンサーリンク

渋谷のハロウィンイベントで着替える場所オススメ

そんなハロウィンですが、いざ参加するとしてもどこで着替えたり、荷物を置いていけばよいのか困りますよね。よくあるのがトイレで着替えたり、仮装のまま電車に乗っていくことですが、他の人の迷惑になるのでそのような行為はおすすめしません。今回は渋谷のハロウィンイベントで仮装をするための場所の確保についてご紹介します。

カラオケルーム

カラオケルームはある程度の人数がいても一部屋レンタルできれば対応できます。しかも街に繰り出す前にカラオケでテンションを上げることもできますね。また店によってはハロウィンイベントを企画しているところもあります。

渋谷周辺のカラオケ
カラオケの鉄人
パセラ
ハロウィンコスチューム

ネットカフェ、漫画喫茶

ネットカフェ、漫画喫茶は長時間個室を借りられ、途中外出ができるので荷物を置いておくことができます。とはいえハロウィン当日は混雑が予想されますので、各店舗に利用条件を確認しましょう。

ホテル

思い切ってホテルの部屋を借りるという手もあります。ホテルなら荷物を置いたまま外出できます。一緒に行く友人と割り勘にすれば、翌朝までスペースを確保できると考えれば決して高くはありません。

またイベントが終わった後にホテルの部屋で仲間内だけで盛り上がれますし、疲れたらそのまま寝ることもできます。シャワーも浴びれますしメイクも落とせます。終電も気にする必要はありません。

レンタルスペース

レンタルスペースは時間単位で借りることができ、なかにはパーティルームやキッチンがついている施設もあります。

渋谷周辺のレンタルスペース
ism space
bliss space
ドドGoburin

当日の臨時着替えスペース

お金をかけずに無料で利用できるスペースが開放されますが、当然多くの人が詰め掛けるので混雑が予想されます。

過去には109やNHKホール前広場で無料のフィッティングルームが設けられました。

ハロウィンコスチューム

渋谷駅周辺で着替えスペースを確保できない場合は隣の駅で探す

ハロウィンの当日は渋谷駅周辺は無料の施設はもちろんのこと、カラオケやレンタルスペースなどの有料施設も混雑が予想され確保するのは難しいと思われます。

それならば渋谷駅周辺は始めから諦め、ひとつ隣の駅周辺の施設を早めに押さえたほうが確実です。

スポンサーリンク

ハロウィンで着替えの場所を確保するために

着替えやメイクをする場所にお金をかけることに対して抵抗感があるかもしれませんが、ある程度の人数で割ればさほど高額にならない場合もあります。

また渋谷駅周辺は時間に余裕をもっていかないと予約すら取れないことも考えられますので、隣駅で探すのがコツです。

毎年ニュースでも話題になるように渋谷のハロウィンイベントは大変な騒ぎになりますが、ルールやマナーを守って大いに楽しみましょう。理性ある熱狂は称賛を呼ぶものです。

ハロウィン タトゥーシールで簡単に傷メイク

2019-10-02

スポンサーリンク